【40周年記念モデル】スピードマスター マーク40 | ユニバーサルバリュー中野店ブログ

2021/06/04

【40周年記念モデル】スピードマスター マーク40

スピードマスターが誕生した1957年から40年後の1997年、40周年を記念したモデルが発売されました。それがマーク40です。
手巻きのプロフェッショナルではなく、自動巻きモデルとして3種類が発売されています。記念モデルではありますが限定モデルではないため10年間ほど生産され、比較的流通量も多くメジャーなシリーズとなっています。

スピードマスター マーク40 "コスモス" 3520.50

スピードマスター マーク40 コスモ 出典 オメガオフィシャルサイト
コスモス=宇宙という名前の通り、ムーンウォッチ(プロフェッショナル)に最も近いデザイン。黒い文字盤に白い針。近いと言ってもこちらはトリプルカレンダーですので機能性は全く異なりますが。 スピードマスター マーク40 コスモス 12時位置のインダイヤルに月と曜日の表示、日付は文字盤を1周するポインターデイト式で先端がスペースシャトルの形になっています。

スピードマスター マーク40 "AM/PM" 3520.53

スピードマスター マーク40 AMPM 出典 オメガオフィシャルサイト
グレーの文字盤に黒いインダイヤル、水色・赤・黄色がアクセント的に配色されている "AM/PM"
9時位置のインデックスが24時間計となって黒と水色で午前午後を分けています。 スピードマスター マーク40 AMPMのインダイヤル GMT機能付きの時計では6時-18時のラインで昼夜を区別するというスタイルが多いのですが、このAMPMは文字通りAMかPMかをそのまま境界線としています。
現在の中古市場ではこのAM/PMが1番人気で価格も高くなっています。

スピードマスター マーク40 "デイト" 3513.53 / 3513.33

スピードマスター マーク40 デイト 機能面ではシンプルなデイト表示のみ。AM/PMも特徴的なカラーリングですがこちらはより「赤」を強調していて、クロノグラフに関わる針は3本とも赤です。 文字盤色は黒とシルバーがあり、中央部にギョーシェ彫りが施されています。
スピードマスター マーク40 ギョーシェ彫り マーク40シリーズの中では最も流通量が少ない、レアなモデルです。