【伝説のF1ドライバー】ミハエル・シューマッハ | ユニバーサルバリュー中野店ブログ

2021/07/04

【伝説のF1ドライバー】ミハエル・シューマッハ

スピードマスターの人気モデルの一つにミハエル・シューマッハ モデルがあります。
個人名を冠したモデルはオメガの中でもかなり珍しく、しかもこれだけたくさんシリーズ化された個人モデルは時計業界全体を見ても稀でしょう。

ミハエル・シューマッハとは

ドイツ人の元F1ドライバーで、ワールドチャンピオン獲得7度という偉業を成し遂げたレジェンドです。 1991年にF1デビュー。1996年にフェラーリチームへ移籍しその後2006年までフェラーリチームで走り続けましたので、シューマッハと言えば赤と黄色のヘルメットを連想する方が多いはずです。

元々オメガのファンであったシューマッハがオメガと広告契約を結んだのが1995年。翌1996年にはRef.3510.50をベースに特別カラーを纏った3種類の時計が発売されました。

オメガ スピードマスター ミハエル・シューマッハ
3510.61(赤)/3510.12(黄)/3510.81(青)

オメガ スピードマスター ミハエル・シューマッハ シューマッハモデルと言えばやはりこのインパクトの強い3本(3色)をイメージします。 オメガ スピードマスター ミハエル・シューマッハ イエロー 今となっては小ぶりに見えるサイズ感がかえってエレガントで、インパクトのあるカラーでも絶妙な上品さを感じさせます。

オメガ スピードマスター レーシング ミハエル・シューマッハ 3518.50

オメガ スピードマスター ミハエル・シューマッハ 3518.50 2000年にリリースされた記念モデル。
フェラーリに移籍後初のワールドチャンピオンを獲得したことを記念して世界6000本限定でリリースされました。
チェッカーフラッグのような文字盤外周と、赤とオレンジの配色が氏のイメージにピッタリです。

オメガ スピードマスター レーシング ミハエル・シューマッハ 3529.50

2002年発表モデル。
トリプルカレンダーを搭載したデイデイト仕様です。Ref.3523系をベースに、レースシーンを彷彿させるカーボンダイヤルが特徴的です。 オメガ スピードマスター 3523.80 ベースとなったトリプルカレンダー。こちらは青文字盤の3523.80。

参考記事
【トリプルカレンダー】スピードマスター デイデイト【どんな時計?】

オメガ スピードマスター レジェンド ミハエルシューマッハ 3506.61

オメガ スピードマスター ミハエル・シューマッハ 3506.61 こちらは2005年にリリースされたモデルです。
2000年から2004年まで5年連続ワールドチャンピオンという偉業を成し遂げ、モデル名にも"レジェンド"と入るほどです。 時計の内容もだいぶグレードが上がっており、ムーブメントはフレデリック・ピゲ製の高級機をベースにしたものが搭載されています。サイズも前作の39mmから42mmに大型化され、スピードマスター プロフェッショナルと同じサイズになりました。6時位置のカレンダー以外はデザイン的にもほぼプロフェッショナルと同じです。 シューマッハファンならずとも、スピードマスター プロフェッショナルと同様のデザインに自動巻き・カレンダー付という利便性、デザイン性の面からこの時計を選ぶ方は少なくありません。 オメガ スピードマスター ミハエル・シューマッハ 3506.51 オメガ スピードマスター ミハエル・シューマッハ ホワイト 文字盤の色違いも発売されています。
こちらのカラーはデイトナ"ポール・ニューマン"にそっくりということでも話題になりました。

オメガ スピードマスター ミハエル・シューマッハ レッド シューマッハモデルに欠かせないカラーのレッド。腕に着けてみると思いのほか派手過ぎず日常使いでも違和感はない。

フレデリック・ピゲ

スイスのムーブメント専門メーカー。様々な時計メーカーにムーブメントを供給しており、パテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタン、ブレゲ等そうそうたる高級時計がフレデリック・ピゲのムーブメントを採用しています。 オメガと同様に、世界最大の時計製造グループであるスウォッチグループの一員です。 もちろん各社、フレデリック・ピゲのムーブメントをそのまま使っているわけではなく、独自の改良を加えて使用しています。